ひいろのブログ

  • HOME »
  • ひいろのブログ

冷えと湿気とビールと夏バテ

こんにちは。 横浜中華街のひいろです。 北京に留学中、ジェット・リー(李連傑)氏の師匠呉彬老師の通訳をしたこと …

【お知らせ】「産後のケア」勉強会開催について

こんにちは。 横浜中華街のひいろです。 先日、東邦大学大学院看護学研究科で講義をしたことをお伝えしましたが、「 …

病気の原因を考える。月経困難症について。

こんにちは。 横浜中華街のひいろです。 6月21日(木)、東邦大学大学院看護学研究科で講義をしてきました。 テ …

関節痛、糖尿病と鍼灸治療。

こんにちは。 横浜中華街のひいろです。 先日、上海人の患者さんが来院されました。 60代女性。 足の関節が痛い …

妊娠中の便秘と腰痛。鍼灸治療と養生がいいですよ。

こんにちは。 横浜中華街のひいろです。 明日から6月。 今年もやってきました東邦大学看護学部大学院の授業の日が …

坐骨神経痛には色んな種類があるのだな、と感じる今日この頃です。

こんにちは。 横浜中華街のひいろです。 最近、どういう訳か日色鍼灸院のホームページを閲覧されている人が増えてい …

○○が失われると死ぬ、というお話。~WAN-1に参加して感じたこと~

横浜中華街のひいろです。 暑くなったと思えば、急に冬のように寒くなる、そんなお天気が続いていますが、元気にして …

〇〇を吸い込み、呼吸困難に…。そんな時の鍼灸治療

横浜中華街のひいろです。 最近、毎日30分ほど歩いています。 そのうち10分ほどは走っています。 その時は絶対 …

【閲覧注意】湯船につかると血行が良くなります。生まれてはじめて〇〇〇風呂に入りました。

こんにちは! 横浜中華街のひいろです。 昨日、上野で開催されている人体展に行ってきました。 最後に上野に行った …

身近な調味料を使った美味しい食べ方を編み出しました!!

こんにちは。 横浜中華街のひいろです。 今日は春だというのに寒かったですね。 実は娘の入学式でした。 先月、大 …

1 2 3 20 »

プロフィール



傳統醫學研究所 日色鍼灸院(でんとういがくけんきゅうじょ ひいろしんきゅういん)
院長の日色雄一です。


詳しくはこちら

最近の投稿

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎
花粉症・副鼻腔炎

不快な症状、おまかせ下さい!!
毎年春になると花粉症に悩まされる人がいます。
スギ花粉症だけで1500万人、花粉症の総人口は2000万人とも言われています。つまり日本人の5人に1人が花粉症に悩まされているということになります。
患者さんにかかる年間医療費は約2860億円と言われています。また、仕事に影響するなど労働損失費用は約650億円と言われています。
薬の飲むことで「くしゃみ」、「鼻水」、「目の痒み」、「のどの違和感」などを抑えることは出来ても、花粉症が治るわけではありません。
花粉に反応しない身体を作りましょう!!
「鼻鍼法」を受けた方に共通して言えることは「花粉が飛んでいる時期なのに、薬を飲まなくても大丈夫」、「そう言えばくしゃみが出なくなった」などです。もちろん、治療効果には個人差があります。
効果があまり見られなかったのは、過去に交通事故で鼻骨を骨折したことがある方だけです。骨折のため、鼻鍼がうまく入って行かなかったためと思われます。
また、体力が落ちている方は回復しにくい傾向にあるようです。
花粉をアレルゲンと認知して体内で過剰な免疫反応が起こっているのが花粉症です。
なぜこのような過剰反応が起こるのでしょうか?
身体のバランスが崩れているからです!!
「原因」:冷たいものの摂り過ぎが内臓を冷やし、花粉症を引き起こす原因になっています。
花粉症やアレルギー性鼻炎の患者さんに共通していることは「普段から冷たいものをよく取っている」ということです。10人に8~9人はこれに該当します。
全身を調整すべく治療した後、最後に「鼻鍼」を施します。
「通鼻開竅」、「醒脳開竅」などの作用があり自然治癒力を発動させます。
正直申し上げますが、それなりの痛みを伴います(海水が鼻に入ったような感じ)。
中には直後に「鼻がすっきりして気持ちがいい」という方もいます。
通常3~5回の治療で花粉症の諸症状に改善が見られますが、中には1回の治療で「その年は薬を飲まなくても大丈夫だった」という方もいます。
「鼻鍼法」は花粉症だけでなく、「アレルギー性鼻炎」、「副鼻腔炎」などの疾患の方によく用います。その他にはカゼの諸症状にも常用します。

PAGETOP
Copyright © 傳統醫學研究所 日色鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.