こんにちは。
横浜中華街のひいろです。
最近、日色鍼灸院には英語圏の患者さんが多数来院されています。
やはり横浜という土地柄なのでしょうか。
今週は毎日英語を使って診療しています。
最初は英語を話すのが本当にストレスだったのですが、最近はもうあきらめています。

「ひいろさん、英語話せるの?」

いやいや話せませんよ。
英語が話せるかどうかではなく、もう話すしかない状況にあるので、Google翻訳の力を借りて頑張っている次第です。

 

さて、それにしても食文化、生活習慣というものは民族が違うと全く異なるのだなぁ、と感心しています。
まぁ、関心というか、驚愕というか、カルチャーショックを受けております。

 

  • コカ・コーラZEROを毎日飲む人。

患者さんA:常温の水を飲むようにしているけど、冷たいコカ・コーラZEROがやめられなくて…

やはり、胃腸が冷えることにより花粉症、鼻炎が慢性的なようです。

 

  • 朝ごはんにプロテインバー、ピーナッツバター

それ…、ごはん??
とツッコまずにはいられません。
やはり、偏った食生活のためでしょう、太ももと膝から下が冷えており、浮腫んでいます。
代謝が落ちているようです。
案の定、手足がものすごく冷えています。

 

  • 朝ごはんはキムチだけ

おそらく途中でお腹が空くのでほかにも色々食べてしまうのだと思います。
女性ですが、身体がかなり大きいです。

 

  • アイスとサラダが大好き

毎日食べているそうですが、十代後半ですが、すでに胃痛持ち…。
鼻炎もあり、手足がいつも冷たいそうです。

 

 

皆さん、けっこうめちゃくちゃな食生活にもかかわらず、なぜか運動はしっかりしています。
むしろ、しっかりやり過ぎています。

中には普通の主婦ですが、週に20マイルジョギングしているというのです。
4日間で20マイルです。
32.1869㎞です!!

これは明らかに運動しすぎです。
結果、腰や臀部を痛め、朝起きても身体が重いというのです。

 

 

ほかにも、ストレッチをし過ぎて膝や太ももを痛める人もいます。
これらの出来事は日本人も似たようなものです。
なぜか、多くの人が運動不足を解消しようとするとジムに通い始めます。
そして、慣れない筋トレと走り込みで疲労が抜けなくなり、代謝が落ちてかえって太るのです…。

 

以前、酔っぱらった時にダンスをしていて転倒し、肋骨を負傷したという方がいました。
落ち込んで来院された時はよほどショックだったのでしょう。
普段元気な方なので、落差がすごかったです…。

 

それはそうと、西洋の方々を治療して、サラダ、果物をたくさん食べて、冷たいものを飲んでいると代謝が落ちて太るのだろうなぁ、と思いました。
以前読んだ陰謀論系の文献に

日本の人口削減計画のために、食卓には食品添加物がたっぷり使われた食べ物を食べさせられるようになり、日本人の食生活は悪化していった

 

という趣旨の事が書いてありましたが、西洋人の食生活もかなり乱れているようです。
想像以上にめちゃくちゃです…。
食生活がハチャメチャで、無闇に運動をしても健康にはなれないことはわかりました。

 

そういう訳で、身体を温めることの重要性をますます感じている今日この頃です。

【劇終】