こんにちは。
横浜中華街のひいろです。
今日は春だというのに寒かったですね。
実は娘の入学式でした。
先月、大雪が降った日は卒園式でした。
春らしくないお天気でしたが、思い出に残る式典となりました。

 

さて、実は私、この10日ほど、大好きなある食べ物を断っています。
これは、治療をしていて「なんだかおかしい」ということから、まずは自分の身体を使って実験しています。
もちろん、家族も犠牲…、もとい、共に実験に参加中です。
これについてはあと数週間したら日色鍼灸院のブログでご報告しますので、ぜひお楽しみにして下さいね。

前置きが長くなりましたが、私は鍋料理が大好きです。
北京に留学中の時は、一週間毎日家で鍋をしていたことがあるくらいです。
今日も夕食は鍋でした。
そこで発見してしまったのです。
お鍋の時、身近な調味料を入れるだけでものすごく美味しくなるということを!!

まずは、お鍋の調理法をご紹介します。
出汁を取るのですが、私のお気に入りは「茅乃舎」というメーカー。
色んな種類の出汁パックがあるようですが、今回は普通バージョンの出汁パックを使いました。
お鍋に出汁を取ったら、
みりん、酒を適量入れます。
醤油とお塩で味を調えます。
あとは、野菜とお肉、もしくはお魚をお好みでいれます。
妻が作ったので、どうやって作ったのか尋ねると、上記のように教えてくれたので、なんとなくでも十分美味しく出来ると思います。

それでは、実食。
お椀に野菜とお肉、おつゆを入れます。
そして、例のものを入れるだけ。

そう、コショーです!!

「なんだ、そんなこと知ってるよ」と思ったあなた。
胡椒は漢方薬だということをご存知でしたか??

黄兆勝主編『中華養生薬膳大全(廣東旅游出版社)』には

性味帰経:味辛、性熱。入胃、大腸経。
効用:温中下气,消痰解毒。主治寒痰食积、脘腹冷痛、反胃、呕吐清水、泄泻、冷痢;
外敷治疮肿、毒蛇咬伤、犬咬伤。又可解食物毒。

つまり、お腹を温め、解毒してくれます。
下痢にもいいです。
さらに、毒蛇に噛まれたり、犬にかまれたりした時にも使うのです。
胡椒、すごい!!

そんな身近な調味料で、こんなにも美味しく食べられるなんて、幸せです。
もちろん、私個人の好みかもしれませんが、ぜひお試しください。
身体が本当に温まりますよ。

そういう訳で、再見!!

風味がいいですね。身体の芯からポカポカと温まりました。鼻の通りも良くなって気分爽快。

傳統醫學硏究所 日色鍼灸院
横浜市中区山下町118-2廣東會舘4F
TEL:045-228-9601