こんにちは。
横浜中華街の日色鍼灸院のひいろです。
本当に早いもので、もうすぐ今年も終わりですね。
年内は日曜日以外診療します!

さて、傳統醫學研究所日色鍼灸院は、今日で開業六年が経ちました。
全く知らない場所で開業したばかりの時は、本当に不安でした。
今日まで診療を続けてこられたのは、私を信頼してくれる患者さんがいたからです。
信じて下さり、ありがとうございます!

そして、元気がない時に、言葉ではなく美味しいご飯を作って私を支え続けてくれる妻に感謝です!
日曜日は子ども4人を置いて勉強会や武術に出かけてしまう私を送り出してくれるお陰で修行に励むことができています。
まぁ、妻は「どうせ言っても無駄だろう」と思っているようですが…。

今年は、来年以降の方向性がほぼ決まった年でした。
来年は迷うことなくまっすぐ歩んでいけそうです。

2018年1月は初めての渡米。
解剖実習に行きます。
詳細はまた報告しますが、私たちの治療における仮説の一つに「頭の中で鮮明にイメージできないことは実現できない」というものがあります。

また、「イメージが鮮明であればあるほど効果が高い」というのもあります。
つまり、身体の中の状態が鮮明にイメージできれば、より細かく、確実にアプローチできるため治療効果があがるはずなのです。
ですから、中国医学だから解剖学が必要ないということではありません。
解剖実習の後、私の鍼灸、気功、徒手療法がどのように変わるのかが今から楽しみです。
身体の見方が変われば、人生変わりそうですね。

そういう訳で、これからも元気に幸せな人生を送るお手伝いができるように治療をして参ります。
これからも、傳統醫學研究所日色鍼灸院をよろしくお願い致します!

祝您身体健康!!
万事如意!!