ニーハオ!ひいろです。
一週間で三回もサイゼリアに行ってしまいました。
パスタ、いいですね。

さて、ニキビについてご紹介します。
先日、学生さんがマスクをして来院されました。
どうしたのか?と尋ねると、ニキビができたので病院でもらった薬をつけたら顔が腫れあがってしまったと言うのです。
なるほど、ニキビなど懐かしいではありませんか。

ニキビは中国語では「青春痘」と書きます。
「青春」いいですね。
同じ「デキモノ」でも二十歳を過ぎると「吹き出物」などという表現を聞いたことがあります。
どちらにしても、身体のバランスの崩れによる現象の一つと考えます。
ステロイドは塗れば皮膚はきれいになるかもしれませんが、「なぜニキビができるのか?」という原因を明らかにしないで使うのは、個人的にはオススメしません。

中学一年生の時、床屋さんで何のオイルかわからないのですが、何かを塗られた直後からニキビが突然多数出現したことがありました。
十代は何かと多感な時期です。
僕はその時、ニキビが気に入らなかったのです。
少しばかりはきれいになると思ったのでしょう。
髭剃りでニキビを剃るという行動に出たのです。
結果、血だらけです。
まぁ、当然ですよね…。

香港の細麺は本当に美味しいです!
なぜか、日本では見たことがありません。
さっぱりしていて食べやすいです。

中国医学ではニキビや吹き出物のできる場所によって、どの経絡や臓腑に問題があるかをチェックします。
ニキビができやすい場所として、頬や顎の外側があります。
ここは大腸と胃が関係する経絡の通る場所です。
日頃から冷たいものを飲んだり、食べたりすると胃腸が冷えてしまいます。
その冷えを身体の中から排出しようとする力が常に働いているところに人体の力強さを感じずます。
冷えの排出される経路とし、下痢や手足の冷えと汗があります。
それから、大腸と胃の経絡の走行部位である顔にニキビなどの皮膚症状として出現することがあります。

つまり、ニキビは体内の冷えを体内で熱を産生する時の「冷えとの闘いの結果」として現れるものなのです。
胃腸の冷えを排出しようとする過程で出現するものなので、ただ洗顔したりや薬を塗ったりしてもあまり意味がないと個人的には感じています。
しっかりと原因を見極めて取り組むことで健康で美しくいられるのだろうと思います。

美容鍼、美顔鍼という分野がありますが、内臓が健康であれば、肌も自然ときれいになるものです。
それでは、いつまでも健康で美しくありますように!!

永遠美麗!!
加油!!!