にーはお!ひいろです。
今日は暑い一日でしたね。
と言いながらも、日色鍼灸院は4階にあるので、窓を開けていると涼しい風が入ってきます。
今の季節が一番いい感じです。
横浜中華街は今日も盛り上がっていました!!
夜は涼しく気持ちが良いです。

さて、痛みやしびれを感じている人の多いこと。
パソコンをはじめとしたデスクワークのし過ぎで首、肩、腰を痛めている人が多いです。座ったまま仕事をし、動かなくて体調を崩すというのも変な話ですが、ひと昔前はなかった不調でしょう。

それから、運動のし過ぎで身体のどこかを痛めている人も、これまた多いです。
面白いもので、○○が身体に良い!という情報がテレビや雑誌で紹介されれば、その手の本が飛ぶように売れます。
重要なのはそれをやる前とやった後で身体の状態がどう変わったかを観察することです。

もし、痛みが出て、身体の動きが悪くなればそれは問題です。
理由はいくつか考えられます。

・やり方が間違っている。

・身体の状態を無視した。

・回数、頻度が多過ぎた。

・内容が身体に合っていない。

・そもそも身体に悪い内容である。

当たり前ですが、ストレッチも筋トレも良いものは良いと思います。
ただ、取り組む人が闇雲にやれば当然ケガをします。
指導者が無知でも当然ケガをします。

北京名物「麻豆腐」。緑豆のおからと羊の脂の料理。好き嫌いがありますが、やみつきになるうまさです!!

以前、手の痛みを理由に来院された方がいました。
病院では手術しかないと診断されたそうです。
話を聞くと、もともとは筋トレをして痛めたそうです。

更に話を聞くと驚愕の事実がわかりました。
手に、ブロック注射を10回したというのです。
痛みが消えると、再び筋トレを再開。
そして、また痛みが出たらブロック注射をして痛みを止め、筋トレに臨む。
この繰り返しです。
結果、指が固まってしまい伸びません。
その上、指が固まってしまい握れなくなってしまったのです。
こうなるとちょっとやそっとでは治りません。

他にも、ヨガの練習をしている時に負傷し、ブロック注射をしてヨガの練習を続けたという強者もいます。
結果、症状は悪化…。
そりゃあ、そうですよね(笑)。

当院に来られる方の中にも、誤解している人がいます。
薬、湿布、ブロック注射で痛みを止めても、痛みの原因となっている「筋肉・帯・腱などの軟部組織の損傷」と「関節・骨などの歪み」は治っていない。

ということです。

「痛みがない=治った」ではありません。

痛みを止めてトレーニングに取り組むのは、目の前の借金を無視して、新たに借金をするようなものです。
手元にお金があっても、それは借りてきたお金です。
返済の目途が立っていればいいのですが、返済のあてもなく借金をし続ければ、必ずや近い将来に破綻します。

薬、湿布、ブロック注射が悪いと言っているわけではありません。
それらを使って治ったと勘違いしている場合は危険ですよ、とお伝えしているだけですよ。

結局はですね、ここだけの話。
自分自身の身体と向き合わないと今の症状は治らない可能性が高いですよ、ということです。
生活習慣を見直し、練習方法を改善することが元気になるための王道だろうと思います。
日々の治療を通して、多くの患者さんから教えて頂いたことです。

そういう訳で、明日も修行に行ってきます。
良い週末をお過ごしくださいね。

再見!!